ジルジレットは、アミノ酸サプリメントを通じて、「生活」「綺麗」「健康」を応援し、皆様のライフスタイルを豊かに彩る会社です。

サイトマップ

アミノ酸のパイオニア ジルジレット - ZiRuZLet

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

ジルジレット通販ストアはこちら

  1. HOME
  2. ジルジレット生活コラム
  3. 第19回 西脇ロマン「旧来住家(きしけ)住宅」

播磨の国ぶらり

連載第19回(2015.10.08)
西脇ロマン「旧来住家(きしけ)住宅」

今回は久しぶりに、西脇市の観光スポットをご紹介します。


古代から戦国時代に至るまで、歴史ロマンがあふれる西脇市ですが、明治以降、農業、繊維産業などで繁栄した当時を偲ばせる建築物や風景もたくさん残っています。

 

コヤノ美術館正門斜め引き.jpgのサムネイル画像

 

 

2回のコラムでご紹介した明治・大正時代の豪華な建築物や生活様式を見ることができる「コヤノ美術館西脇館」もそのひとつ。

 

 

 

 

そして、西脇市内には、もうひとつ歴史的な建造物が残っています。

それが、大正時代の高級民家「旧来住家(きしけ)住宅」です。


来住家正門斜め.jpg

 

 

土地面積は約1220㎡、建物面積は約600㎡で、母屋、離れ、客湯殿、洋館及び東蔵、西蔵、トイレが建てられています。


 

 

 

 

 

 

 

来住家庭園3.jpg庭園は、茶道の薮内流宗匠による設計で、五重塔、灯篭、園池などが配置されています。


 

 

 

 

 

来住家庭園灯篭1.jpg

来住家庭園4.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

来住家用水路鯉.jpg母屋の門前には、鯉の泳ぐ用水路が流れています。


当時の最高の用材と最高の技術を用いた家屋は、国登録有形文化財として登録されています。


 

 

 

来住家居間1.jpg来住家は、糸商を家業として豪農豪商として代々栄えてきました。

この住宅の施主である来住梅吉は、西脇商業銀行(後に神戸銀行に合併)の創始者でもあります。

 

1915年(大正4年)に着工し、3年後に母屋、庭園が完成しました。

現在の貨幣価値にして、54億円もの建築費がかけられたそうです。

 

 

 

 

 

 

来住家床の間.jpg

現在、それだけの建築費を用意したとしても入手困難な部材が使用されていたり、当時としては最新の技術で建築されていて、釘が1本も使用されていないことなど、再建築は困難といわれている建築物です。

 

 

 

 

来住家中門.jpg贅を尽くした豪邸には、朝香宮殿下や犬養毅なども滞在したそうです。

2001年に西脇市へ寄贈の申し出があり、2002年に国の登録有形文化財に登録されました。


 

 

  

来住家建物1.jpg2003年から一般公開され、現在は西脇市民の文化活動の拠点としても利用されていて、施設内のギャラリーでは各種の展示会なども開催されています。


 

 

 

 

暗夜光路N市Ⅲ ブログ.jpg旧来住家住宅を見学された後は、播州織工房館や横尾忠則氏の作品「暗夜行路N市」のモチーフとなったY字路などの観光スポットも近いので、ゆっくりと散策してみてください。

 

 

 

 

また、「コヤノ美術館西脇館」まで足を伸ばしていただいて、明治・大正・昭和の栄華の香りと当時の生活様式を比較できるのも西脇ならではのおススメです。


開館時間:10時~18時(10月~3月は17時)

     月曜休館(祝日の場合は翌日休館)

入館料 :無料

併設  :シェフレストラン「梅吉亭」、播州織製品やオーダーシャツなどを

     取り扱う「西脇情報未来館21

アクセス:JR加古川線「西脇市駅」下車 徒歩約20






コラム一覧へ戻る

お電話でのご注文・お問い合わせ


0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

お問い合わせフォームはこちら

  • よくあるご質問
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報保護方針

ジルジレット生活コラム「播磨の国ぶらり」