ジルジレットは、アミノ酸サプリメントを通じて、「生活」「綺麗」「健康」を応援し、皆様のライフスタイルを豊かに彩る会社です。

サイトマップ

アミノ酸のパイオニア ジルジレット - ZiRuZLet

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

ジルジレット通販ストアはこちら

  1. HOME
  2. ジルジレット生活コラム
  3. 第53回 「亀山本徳寺」-姫路市亀山ー

播磨の国ぶらり

連載第53回(2016.09.17)
「亀山本徳寺」-姫路市亀山ー
亀山本徳寺67burogu.jpg 

船場別院本徳寺を訪れたのなら、や

はりこちらも訪れておかねばという

ことで、亀山本徳寺周辺を歩いてき

ました。

亀山本徳寺1ブログ.jpg

山陽姫路駅から二駅西。

以前は、亀山御坊という駅名だった

「亀山」駅で下車。

亀山本徳寺4ブログ.jpg

亀山本徳寺9ブログ.jpg

駅改札口を出ると、すぐにお寺の土

塀や大きな屋根が見えます。

亀山本徳寺6ブログ.jpg

亀山本徳寺54ブログ.jpg

亀山本徳寺61ブログ.jpg

本徳寺の周辺には、数多くの塔頭が

残っていました。

亀山本徳寺11ブログ.jpg

亀山本徳寺は、永正十二年(1515年)

に蓮如配下の空善が、播磨最大の都

市・英賀城下に本堂を開山したのが

始まり。

天正八年(1580年)の秀吉による英

賀城攻めに先立ち、ここ亀山に移さ

れたそうです。

亀山本徳寺13ブログ.jpgのサムネイル画像
慶長七年(1602年)浄土真宗の東西

分裂により、本願寺派に属しました

が、元和四年(1618年)に真宗大谷

派が当寺から分裂し、船場別院本徳寺

へと移りました。
その後、当寺は播磨国の本願寺派根

本道場として発展してきたそうです。

亀山本徳寺16ブログ.jpg

往時を偲ばせる5000坪の広い境内。

亀山本徳寺39ブログ.jpg

西本願寺から移設された本堂は、県

下最大規模を誇ります。

亀山本徳寺28ブログ.jpg

ご本尊は阿弥陀如来様。

亀山本徳寺36ブログ.jpg

本堂内や大広間、渡り廊下などへは

自由にお参りすることができます。

亀山本徳寺33ブログ.jpg

京都から移設された本堂北の柱には、

新撰組が屯所として使用していた頃

の刀傷がそのまま残っています。
2004年に放送された大河ドラマ「新

撰組」の撮影も行われたそうです。

亀山本徳寺18ブログ.jpg

亀山本徳寺21ブログ.jpg

亀山本徳寺26ブログ.jpg

亀山本徳寺42ブログ.jpg

このほか、大広間蓮如堂、太鼓楼、

庫裡、経堂、英賀本堂から移された

釣鐘など、多数の文化財、建築物も

見どころです。

亀山本徳寺51ブログ.jpg

今年の7月には、来春公開予定の映

画「本能寺ホテル」の撮影が行われ

て、綾瀬はるかさんや堤真一さんが

訪れていたそうです。

亀山本徳寺55ブログ.jpg

大門前には、参道と交わるように

「銀の馬車道」と呼ばれる飾磨街道

が東西にまっすぐ伸びていました。

亀山本徳寺58ブログ.jpg

生野銀山から飾磨港まで約49Km

に及ぶ日本初の産業道路で、馬車専

用道路として造られたものだそうで

す。

亀山本徳寺66ブログ.jpg

幹線道路を渡った北側には、飾磨港

線廃線跡が遊歩道として整備されて

います。

亀山本徳寺63ブログ.jpg

もう少し涼しくなったら、銀の馬車

道や遊歩道を西へゆっくりと歩いて

みたいと思います。

亀山本徳寺70ブログ.jpg

亀山本徳寺72ブログ.jpg

亀山駅の地下通路内には、こんな絵

も描かれていましたよ。


アクセス:山陽電鉄「亀山」駅

~徒歩約二分程度

コラム一覧へ戻る

お電話でのご注文・お問い合わせ


0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

お問い合わせフォームはこちら

  • よくあるご質問
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報保護方針

ジルジレット生活コラム「播磨の国ぶらり」