ジルジレットは、アミノ酸サプリメントを通じて、「生活」「綺麗」「健康」を応援し、皆様のライフスタイルを豊かに彩る会社です。

サイトマップ

アミノ酸のパイオニア ジルジレット - ZiRuZLet

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

ジルジレット通販ストアはこちら

  1. HOME
  2. ジルジレット生活コラム
  3. 第108回 「JR曽根駅周辺ぶらり①」~高砂市阿弥陀町~

播磨の国ぶらり

連載第108回(2018.12.02)
「JR曽根駅周辺ぶらり①」~高砂市阿弥陀町~

さて前回、初下車して約三十分かけて鹿嶋神社まで歩いたJR「曽根」駅。

駅周辺にも古墳時代から昭和までの様々な史跡や歴史ある神社仏閣などがたくさん点在していました。

ぶらり散歩で出会った場所を二回に分けてご案内します。


時光寺66五輪塔ブログ.jpg

駅から線路沿いに東へ数分歩くと、その名もずばり阿弥陀町。左手に、大日寺の石垣が見えてきます。


曽根2五輪塔2ブログ.jpg

その広い空き地に、五輪塔と石仏がポツンと建っています。

後で調べたら、その横にお堂が建っていたのだそうですが、不審火で焼失してしまったのだそうです。


曽根3五輪塔3ブログ.jpg

五輪塔は播磨一帯の町中に点在していて、このコラムでも幾度がご紹介してきました。

ここに立っている五輪塔は、南北朝時代・暦応五年(1342年)建立の供養塔で、もちろんこの地で発掘されている竜山石製です。


曽根4五輪塔4ブログ.jpg

石仏は、室町時代後期・水正四年(1507年)建立で、阿弥陀如来立像が彫られています。


曽根5地蔵院1ブログ.jpg

曽根6地蔵院2ブログ.jpg

さらにここから東へ進むと、右手に「地蔵院」があります。

寛文六年(1666年)に、地蔵堂という小庵に寺号が許可されたそうです。


曽根7薬師堂1ブログ.jpg

その先の左側には、「薬師堂」がありました。

本堂は江戸時代前期に存在したという記述があり、天保十四年(1843年)に

改築されたそうです。


曽根11薬師堂4ブログ.jpg

堂前石造は元文二年(1738年)造。

町屋のような縁側には、白猫がゆったりと日向ぼっこを・・。


時光寺58街道ブログ.jpg

この一帯は、西国街道の宿場町だったので、昔の町割りが今も残っていて、

街道から南北に細い路地が入り組んでいます。


曽根13白森稲荷神社1ブログ.jpg

そんな路地の一本を右へ入ると、白森稲荷神社参道の看板がありました。


曽根15白森稲荷神社3ブログ.jpg

境内が狭いためか、百度石ではなく「千度石」です。


曽根17白森稲荷神社5ブログ.jpg

ご祭神は、宇迦之魂大神(うかのみたまのかみ)と保食神(五穀や食物を司

る神様)でまさに地元の氏神様です。


曽根22八阪神社2ブログ.jpg


さらにその奥に「八阪神社」があります。


曽根23八阪神社3ブログ.jpg

水盥には文化九年(1812年)の銘。

神社庁の資料によれば、曽根天満宮の管理神社のようです。


曽根25八阪神社5ブログ.jpg


確かに、灯篭には天満宮と金比羅大権現の銘がありました。


時光寺13正門ブログ.jpg

近くには、勅願寺であり地名の由来ともなった「時光寺」や多くの地蔵石仏な

どの歩きどころがあります。

次回、ご案内したいと思います。

一駅歩くだけで、様々な歴史に出会える播磨。本当に奥深いです。


アクセス:JR神戸線「曽根」駅下車


7.16バランス崩れセロトニントライアルバナー.jpg

コラム一覧へ戻る

ジルジレット生活コラム

お電話でのご注文・お問い合わせ


0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

お問い合わせフォームはこちら

  • よくあるご質問
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報保護方針

ジルジレット生活コラム「播磨の国ぶらり」