ジルジレットは、アミノ酸サプリメントを通じて、「生活」「綺麗」「健康」を応援し、皆様のライフスタイルを豊かに彩る会社です。

サイトマップ

アミノ酸のパイオニア ジルジレット - ZiRuZLet

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

ジルジレット通販ストアはこちら

  1. HOME
  2. ジルジレット生活コラム
  3. 第125回 「国宝・太山寺」~神戸市西区~

播磨の国ぶらり

連載第125回(2019.08.28)
「国宝・太山寺」~神戸市西区~

神戸市には、国宝が4つあるそうだ。

その中で、たったひとつだけの国宝建造物がある名刹が、神戸市西区にある

「三身山・太山寺(さんしんざん・たいさんじ)」。

(ちなみに兵庫県の国宝建造物があるのは、浄土寺、姫路城、朝光寺、鶴林

 寺、一乗寺と太山寺の6箇所だけである。現在4箇所踏破。)

太山寺2バス停ブログ.jpg

JR明石駅前から伊川谷駅経由・学園都市行きの神姫バスに揺られること約30分

強。自然を満喫しつつ、最寄のバス停である「太山寺小学校前」で下車。

太山寺1遠景1ブログ.jpg

橋の上からあたりを見回すと、東方向の山麓にそれらしき本堂と三重塔の姿が

見える。

太山寺7伊川3ブログ.jpg

太山寺5ブログ.jpg

伊川沿いに整備された遊歩道をぶらぶらと歩く。

太山寺4遠景4ブログ.jpg

徐々に、徐々に三重塔が近づいて来た。

太山寺110仁王門2ブログ.jpg

太山寺は、新西国三十三箇所第二十五番札所。

太山寺109仁王門1ブログ.jpg

道路沿いに建つ仁王門。(国指定重要文化財)

室町時代後期にこの地に移築されたと思われ、建造は鎌倉時代後期にまで遡る

のではないかとのこと。

太山寺10参道1ブログ.jpg

山門、境内まで綺麗に整備された参道が続いている。さすが、国宝のあるお寺。

太山寺103参道3ブログ.jpg

参道の両脇には、現在まで残る塔頭や古民家カフェなどが並んでいる。

太山寺107龍泉院5ブログ.jpg

一番手前にあるのが「龍像院」。

太山寺106龍泉院4ブログ.jpg

定期的に座禅ヨガを開催されている。

太山寺12成就院1ブログ.jpg

「成就院」の庭園は、県指定文化財名勝。

太山寺14安養院1ブログ.jpg

安土桃山時代の枯山水庭園が国の名勝に指定されている「安養院」。

(次の公開日は、111日~1130日である。)

太山寺104安養院2ブログ.jpg

書院は、江戸時代中期の茅葺民家を連結したもの。

太山寺11参道2ブログ.jpg

南北朝期には、支院四十一ヶ坊、末寺八ヶ寺、末社六ヶ社を有していたが、現在は成就院、安養院をはじめ、五ヶ坊のみとなっている。

太山寺17山門1ブログ.jpg

山門に到着。入山料は300円也。

太山寺19山門2ブログ.jpg

太山寺は、鎌倉時代から室町時代にかけて隆盛を誇った天台宗の名刹。

元正天皇の勅願寺として霊亀二年(716年)に建立、開山されたと伝えられて

いるが、実際の建造は平安時代ではないかと見られる。

太山寺60境内9ブログ.jpg

創建時の建物は、弘安八年(1285年)の火災で焼失し、現存する建物はそれ

以降の再建である。

太山寺21本堂1ブログ.jpg

本堂(国宝)。鎌倉時代1300年頃の建立。

太山寺53本堂外陣1ブログ.jpg

最盛期の南北朝時代の繁栄をしのばせる大堂で、昭和三十九年に修復。

太山寺52本堂薬師如来1ブログ.jpg

建築様式は、和様と唐様の折衷様式。

太山寺22三重塔1ブログ.jpg

三重塔(県指定文化財)貞享五年(1688年)建立。

太山寺26三重塔大日如来坐像1ブログ.jpg

初層内部の須弥壇には、等身大の大日如来坐像と四天王立像が安置されている。

太山寺29太子堂2ブログ.jpg

本堂に向かって一番右端には、「太子堂(観音堂)」。

太山寺32兵庫稲荷大明神2ブログ.jpg

その左隣に、「兵庫稲荷大明神」。

太山寺40羅漢堂2ブログ.jpg

本堂右奥には、「羅漢堂」「釈迦堂」。

太山寺45釈迦堂1ブログ.jpg

いずれも江戸時代後期の建立。

太山寺69護摩堂1ブログ.jpg

本堂左奥には、江戸時代中期の建立と考えられる「護摩堂」。

太山寺44延命地蔵尊1ブログ.jpg

その奥に、「延命地蔵尊」がある。

太山寺62阿弥陀堂1ブログ.jpg

本堂に向かって一番左端には、「阿弥陀堂」。

三重塔と同じく、貞享五年(1688年)建立。

太山寺64阿弥陀如来1ブログ.jpg

安置されている阿弥陀如来坐像(重要文化財)は、鎌倉時代初期の鋳造。

宇治平等院鳳凰堂にある定朝作の阿弥陀如来坐像とほぼ同じ大きさ(274cm)である。包み込まれるような暖かさのある阿弥陀様だ。

太山寺79息遊軒遺跡1ブログ.jpg

阿弥陀堂の前には、「息遊軒遺跡」がある。陽明学者・熊沢蕃山の閉居後である。

太山寺35境内1ブログ.jpg

太山寺41境内5ブログ.jpg

この他、境内には様々な遺構が残っている。

太山寺83奥の院3橋ブログ.jpg

本堂右奥から太山寺川沿いに進むと閼伽井(あかい)橋が架かっている。

太山寺94奥の院14橋3ブログ.jpg

この橋を渡って「奥の院」へと進む。

太山寺92奥の院12稲荷舎1.JPG

「稲荷舎」

太山寺85奥の院5地蔵堂1ブログ.jpg

そして、「地蔵堂」。

以前は、地蔵堂の下から水が湧き出ていた。この霊水が仏前に供する清浄水

(アカ)で、この場所はそれを汲む「アカイ」となっていた。

太山寺84奥の院4ブログ.jpg

また、この太山寺上流の岩肌に等身大の「磨崖仏」が彫られている。

太山寺61境内10ブログ.jpg

一帯は、「太山寺風致地区」として自然景観が保護されていて、原生林が残る

深森。夏は桜、秋は紅葉の名所としても知られている。

太山寺51本堂4ブログ.jpg

やはり、実際に訪れてみないとその素晴らしさはわからないものである。

今回も来て良かった!と思うぶらり旅でした。


アクセス:JR・山陽電鉄「明石」駅~神姫バス7番、10番乗場から乗車

     「太山寺」バス停すぐ、「太山寺小学校前」徒歩十五分。

コラム一覧へ戻る

ジルジレット生活コラム

お電話でのご注文・お問い合わせ


0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

お問い合わせフォームはこちら

  • よくあるご質問
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報保護方針

ジルジレット生活コラム「播磨の国ぶらり」