ジルジレットは、アミノ酸サプリメントを通じて、「生活」「綺麗」「健康」を応援し、皆様のライフスタイルを豊かに彩る会社です。

サイトマップ

アミノ酸のパイオニア ジルジレット - ZiRuZLet

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

ジルジレット通販ストアはこちら

  1. HOME
  2. ジルジレット生活コラム
  3. 第152回 「岩窓神社」~神戸電鉄葉多駅周辺①~

播磨の国ぶらり

連載第152回(2020.05.11)
「岩窓神社」~神戸電鉄葉多駅周辺①~


前回第151回で訪れた「浄土寺」へのぶらり散歩の時に、神戸電鉄粟生駅と小野駅の間「葉多」という駅周辺で、車窓から見えたいくつかの小さな森が気になって、気になって・・。あの森には、絶対に何かがある!

葉多1.jpg

ということで、毎度のことではありますが、早朝5時頃からしっかりと仕事を片づけて、歴史探訪&健康維持お散歩に出かけました。

葉多6.jpg

神戸電鉄粟生線の葉多駅は、1日の乗車数が100名程度の小さな駅です。利用者の多くが「小野工業高校」の通学生のため、緊急事態宣言で休校中の現在は、乗降客の姿はほとんどありませんでした。

葉多7.jpg

駅舎の東横から、南西に見える森に向けてまっすぐに伸びる一本道を歩きます。

葉多8.jpg

振り返ると、葉多駅のホームがこんな感じに見えました。

葉多11.jpg

目指す森の手前に、薬師堂(薬師如来)がありました。

葉多9.JPG

ご由緒はわかりませんが、地域的に浄土寺薬師堂の分堂なのかもしれませんね。

葉多40.jpg

敷地内に、地蔵尊。

葉多13.jpg

この薬師堂のすぐ南側に池があり、そのほとりの森の入り口に、石の鳥居が見えます。

葉多15.jpg

「岩窓神社」の神額がかかっています。

葉多17.jpg

ご由緒によれば、丹波篠山の大芋村の櫛岩窓神社のご神体が洪水によって篠山川、加古川を経て、この地(久代町)に流れ着き、そのご神体を拾った村人が、岩窓神社を建立し、お祀りしたのが始まりだと伝えられています。櫛岩窓神社の分霊社だとすれば、とても珍しいご縁起といえます。

葉多18.jpg

この幣拝殿は、最近再建されたもののようですね。

葉多21.jpg

本殿は、色彩、形状ともに、美しく重厚感のあるたたずまいです。

葉多16.jpg

石灯籠には、明和元年(1764年)の刻印がありますから、江戸時代中期に建立されたのでしょうか。

葉多25.jpg

摂末社もありました。

葉多28.jpg
葉多29.jpg

神域には、さわやかな風が吹き抜け、しばしこの静けさの中で地域の安寧を守ってきた歴史の重みを感じさせていただきました。

葉多37.jpg

現在の拝殿、本殿域の裏手には、旧神域だったと思われる草原に鳥居、階段、社などが残されたままになっています。

葉多32.jpg

そんなに古いものではありませんが、この中に一人佇んでいると時代をタイムスリップしたような不思議な感覚になりました。

葉多34.jpg

旧境内側から見た現在の岩窓神社。

葉多39.jpg

神社南側には、広大な田園地帯が広がっています。古墳時代から鎌倉、室町、江戸時代、近世へと、様々な歴史を紡いできた播磨の原風景の一つですね。

葉多62.jpg

ただ、例年であれば田植えの準備などが始まっているのですが、コロナの影響でまだ手付かずのところも多く見受けられました。早い収束を祈るばかりです。

葉多駅周辺の歴史散歩は、まだまだ終わりません。次は、神戸電鉄を越えて北東に見える大きな木の場所を目指しました。さて、何に出会えるのか?楽しみ、楽しみ。

アクセス:神戸電鉄粟生線「葉多」駅下車徒歩7~8分

コラム一覧へ戻る

ジルジレット生活コラム

お電話でのご注文・お問い合わせ


0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

お問い合わせフォームはこちら

  • よくあるご質問
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報保護方針

ジルジレット生活コラム「播磨の国ぶらり」