ジルジレットは、アミノ酸サプリメントを通じて、「生活」「綺麗」「健康」を応援し、皆様のライフスタイルを豊かに彩る会社です。

サイトマップ

アミノ酸のパイオニア ジルジレット - ZiRuZLet

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

ジルジレット通販ストアはこちら

  1. HOME
  2. ジルジレット生活コラム
  3. 第162回 「国包(くにがね)ぶらり」~JR加古川線厄神駅~

播磨の国ぶらり

連載第162回(2020.06.13)
「国包(くにがね)ぶらり」~JR加古川線厄神駅~

自粛期間が明けたことで調子に乗った暴飲暴食の結果、体重増を反省した日曜日朝。近場ぶらりということで、久しぶりの「厄神」駅歴史散歩です。

厄神65.jpg

厄神駅は大正時代から播州鉄道播但鉄道→JR加古川線へと変遷し十年ほど前までは三木鉄道との乗換駅でもあった北播磨の中心駅です。

厄神1.jpg

駅北側には、JR車両基地があります。

厄神3.jpg

加古川線の高架下をくぐり住宅街に入っていくと、大きな樹木が飛び出ているのが見えました。まずはあそこに向かってみます。

厄神5.jpg

街道から一段高いところに、鳥居が見えます。

厄神7.jpg

由来によれば、加古川の洪水被害の大きかったこの土地の人を救うため、国包出身の大阪商人であった長浜屋新六郎が、資材を投じて高い丘を築き、住民避難できるようにしたそうです。これが当地「国包の築山」で、に築山神社が建立されました。

厄神9.jpg

拝殿。

厄神12.jpg

厄神14.jpg

本殿両脇の境内社。

厄神13.jpg

遠くから見えていたのは「築山の榎」で、樹齢250年。加古川市指定文化財になっています。

厄神16.jpg

以前は、2本の榎が1本の椋の樹をはさむように生えていたそうですが、平成24年の強風で北側の榎と真ん中の椋に大きな被害が出てしまい、現在は1本の築山の榎になってしまいました。

厄神15.jpg

周囲は、湯山街道に沿って古い町割りや居宅が残っています。

厄神18.jpg

播州鉄道、三木鉄道の終着駅として繁栄していた時代の名残が感じられます。

厄神20.jpg

もちろん、播磨らしい焼板の黒塀が特徴的です。

厄神23.jpg

亀堰の碑がありました。文化十三年(1816年)に、亀の井堰を完成させて、加古川の氾濫からこの村を救ったとのことです。

厄神27.jpg

国包公民館の敷地を抜け、再び街道を歩きます。左手に、寺院が見えてきました

厄神35.jpg

曹洞宗・常観禅寺さんです。

厄神30.jpg

門前参道には、西国三十三か所の祠が並んでいます。

厄神31.jpg

当寺は大永四年(1524年)開創と伝えられています。

厄神36.jpg

本堂。

厄神37.jpg

鐘楼。

厄神47.jpg

常観寺の石撞。室町時代末期造立。

厄神51.jpg

門前には道標もありました。

厄神41.jpg

実はこの場所は、国包構居跡で領主は加古源右衛門右京美宋で、別所氏の家臣だったそうです。

厄神28.jpg

街道と寺院の間には、2008年に廃線になった三木鉄道の軌道跡が残っています。標識なども一部そのまま残されています。

厄神57.jpg

集落の中を歩き、加古川堤防に出ました。自粛期間が終わり、加古川での漕艇練習が復活しています。

厄神61.jpg

再び、田園地帯を歩いて石仏などを探しながら、厄神駅に戻りました。

コラム一覧へ戻る

ジルジレット生活コラム

お電話でのご注文・お問い合わせ


0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

お問い合わせフォームはこちら

  • よくあるご質問
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報保護方針

ジルジレット生活コラム「播磨の国ぶらり」