ジルジレットは、アミノ酸サプリメントを通じて、「生活」「綺麗」「健康」を応援し、皆様のライフスタイルを豊かに彩る会社です。

サイトマップ

アミノ酸のパイオニア ジルジレット - ZiRuZLet

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

ジルジレット通販ストアはこちら

  1. HOME
  2. ジルジレット生活コラム
  3. 第173回 「五峯山光明寺」~JR加古川線滝野駅~

播磨の国ぶらり

連載第173回(2020.08.16)
「五峯山光明寺」~JR加古川線滝野駅~

今回は、播磨の国ぶらり原点回帰の歴史散歩です。

光明寺2.jpg

20153月に一度ご紹介した「五峰山(ごぶさん)光明寺」を再度しっかりと歩きました。

光明寺1.jpg

滝野駅から歩道橋を渡ります。

光明寺3.jpg

歩道橋は、播磨中央公園の散策道へと続いています。

光明寺5.jpg

散策道を右方向へ歩きます。

光明寺6.jpg

光明寺本堂へと続く階段。

光明寺8.jpg

これは、楽そう!と思ったのは一瞬だけ。

光明寺9.jpg

法道仙人開基の寺院散歩あるあるの険しい山道を登ることになります。気温三十度。汗が滝のように吹き出ます。

光明寺14.jpg

なんとか、途中の駐車場にたどり着きました。

光明寺16.jpg

駐車場からキレイな景色を見て、一服。

光明寺19.jpg

こちらが光明寺への参道です。

光明寺22.jpg

宿尾、明星が辻、経の尾、大岩、弥木揚の五つの峰からなる五峯山。

昔から「播磨高野」と呼ばれ、真言宗七十五名刹の一つに数えられ、観音霊場として広く信仰を集めています。

光明寺23.jpg

光明寺の塔頭寺院は、文明年間には二十四を数えたそうですが、現在は四か院になっています。

光明寺25.jpg

さらに、ここからは結構急な参道を登っていきます。

光明寺26.jpg

参道沿いには、西国三十三か所巡りや句碑などが建ち並んでいます。

光明寺29.jpg

役行者像。

光明寺31.jpg

滝野城主(あえ)佐兵衛重氏公の墓所。大永六年(一五二六年)没。

光明寺98.jpg

多聞院。最初にある塔頭。光明寺の寺務所にもなっています。

光明寺33.jpg

急な坂は、こんな感じでまだ続きます。

光明寺34ブログ.jpg

遍照院。

光明寺36.jpg

重要文化財の銅造如来坐像がいらっしゃいます。

光明寺39.jpg

光明寺47.jpg

大慈院。

光明寺43.jpg

日本に一幅しかない「善導大師自画像」があります。

光明寺55.jpg

光明寺60.jpg

花蔵院。

光明寺62.jpg

さらに、苔むした参道を歩いていきます。

光明寺64.jpg

光明寺仁王門です。

光明寺65ブログ.jpg

元禄六年(一六九三年)に再建された建物を利用して、昭和五十六年に完全復元されたものです。

光明寺70.jpg

境内右手にある「文殊堂」。天和二年(一六八二年)再建。当山最古の建造物です。

光明寺72.jpg

「鎮守社」。光明寺の守護神として熊野権現を勧請。

光明寺75.jpg

「常行堂」。元禄十四年(一七〇一年)から再建。

光明寺81.jpg

「地蔵堂」。享保一八年(一七三三年)再建。

光明寺83.jpg

「梵鐘堂」。寛保二年(一七四二年)再建。

光明寺84ブログ.jpg

「光明寺本堂」。大正十四年(一九二五年)再建。

光明寺88ブログ.jpg

法道仙人作の本尊・千手十一面観世音菩薩と不動明王、毘沙門天王が奉安されています。

光明寺91.jpg

本堂裏にある「光明寺合戦本陣跡」です。

光明寺99.jpg

山道から登ると約三十分ですが、こちらの自動車道からであれば、もう少し早く、楽に登れると思います。


アクセス:JR加古川線「滝野」駅下車徒歩約三十五分

コラム一覧へ戻る

ジルジレット生活コラム

お電話でのご注文・お問い合わせ


0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

お問い合わせフォームはこちら

  • よくあるご質問
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報保護方針

ジルジレット生活コラム「播磨の国ぶらり」