ジルジレットは、アミノ酸サプリメントを通じて、「生活」「綺麗」「健康」を応援し、皆様のライフスタイルを豊かに彩る会社です。

サイトマップ

アミノ酸のパイオニア ジルジレット - ZiRuZLet

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

ジルジレット通販ストアはこちら

  1. HOME
  2. ジルジレット生活コラム
  3. 第177回 播磨国番外編⑭「福知山線柏原駅周辺歴史散歩(1)」

播磨の国ぶらり

連載第177回(2020.09.09)
播磨国番外編⑭「福知山線柏原駅周辺歴史散歩(1)」

柏原藩陣屋跡~建勲神社」~JR柏原周辺歴史散歩(1)

今年七月に行った福知山駅周辺歴史散歩の行き帰りに、街並みが気になった「柏原(かいばら)駅」を訪ねてみました。

柏原172.jpg

播磨番外編・丹波ぶらりです。

柏原183.jpg

JR福知山線柏原駅には、新大阪と城崎温泉を結ぶ特急こうのとりも停車します。

柏原2.jpg

柏原町の見どころは、駅北東部にコンパクトに固まっていますから、電車~徒歩でのお出かけにはもってこいの街です。

柏原4.jpg

まず、駅から南東方向へ歩いて、高灯篭を目指します。城下町(とはいっても、城郭、天守などはなかったのですが)の風情が残った町並みを歩きます。

柏原7.jpg

高灯篭。

天保七年(一八三六年)、領民の寄進で伊勢神宮遥拝の献灯をするために建立されました。高さは五.三メートル。

柏原21.jpg

左前方に、小高い山の麓に鳥居が見えました。出城か居館跡に建つ神社のようにも思います。

柏原8.jpg

天満宮でした。

柏原12.jpg

参拝させていただくことにしました。

柏原15.jpg

社殿がある場所からさらに山頂に向けて、細い山道が続いているようです。

柏原17.jpg

登っていくと何かありそうなのですが、ぬかるんでいて足元もやや危険そうでしたので、老兵は自重することにしました。

柏原10.jpg

北側の山頂に柏原八幡宮の三重塔が見えています。

柏原22.jpg

柏原町のメインストリートを歩いて目指します。

柏原24.jpg

道路右手、歴史景観に配慮した小学校の向こう側に「柏原藩陣屋跡(国史跡)」が見えてきました。

柏原25.jpg

表御門(長屋門)。

柏原陣屋は、柏原藩初代藩主・織田信休によって築かれた陣屋です。陣屋とは、城を持てなかった大名の屋敷のことです。

柏原28ブログ.jpg

表御殿。

柏原31ブログ.jpg

完成したのは、正徳四年(一七一四年)ですが、文政元年(一八一八年)に焼失し、文政三年(一八二〇年)に再建されています。

柏原29ブログ.jpg

その後、明治維新後に解体されてしまったため、再建時のおよそ五分の一程度しか現存していないそうですが、荘厳で圧倒されます。

柏原33.jpg

全国的にも数少ない陣屋遺構として、大変貴重なものです。陣屋内部の見学も可能です。

柏原26.jpg

陣屋向かい側には、「柏原歴史民俗資料館」があります。

柏原165.jpg

柏原陣屋跡の先には、「旧氷上高等小学校校舎」。

柏原167.jpg

兵庫県下では最古の部類に属する校舎だそうです。

柏原44.jpg

メインストリートを左に入り、味わいある街並みを眺めながら歩くと、右手に小さめの神社鳥居を発見。

柏原48.jpg

ここが、参拝したかった「建勲神社」でした。

柏原49.jpg

こじんまりとした村社のようなイメージですが、織田信長を祭神とした全国に三社しかない「建勲神社」の一つです。

柏原52.jpg

創建は元禄八年(一六九五年)。柏原藩陣屋内に勧請されたのが始まりとされています。

柏原54.jpg

明治十三年(一八八〇年)現在地に遷座されました。火災で焼失後、荒廃していましたが、平成十八年に再建。

柏原55.jpg

さて、あまりの暑さに疲れもたまってきましたので、このあたりで少し休憩。

柏原59.jpg

次の目的地、柏原八幡宮、織田神社、織田家廟所などは、次回(2)でご案内します。


アクセス:JR福知山線「柏原」駅下車徒歩約十五分

コラム一覧へ戻る

ジルジレット生活コラム

お電話でのご注文・お問い合わせ


0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

お問い合わせフォームはこちら

  • よくあるご質問
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報保護方針

ジルジレット生活コラム「播磨の国ぶらり」