ジルジレットは、アミノ酸サプリメントを通じて、「生活」「綺麗」「健康」を応援し、皆様のライフスタイルを豊かに彩る会社です。

サイトマップ

アミノ酸のパイオニア ジルジレット - ZiRuZLet

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

ジルジレット通販ストアはこちら

  1. HOME
  2. ジルジレット生活コラム
  3. 第198回 「池之内荒神~子守荒神」~JR赤穂線「相生駅」~

播磨の国ぶらり

連載第198回(2021.05.28)
「池之内荒神~子守荒神」~JR赤穂線「相生駅」~

相生1.JPG

相生2.jpg

今回は、姫路駅で新快速から播州赤穂行き普通電車に乗り換えて、「相生」駅で下車。

相生3.jpg

岡山からの帰路、新幹線車窓から見えていた神社を訪ねて、新幹線高架下の道を東へ進みました。

相生4.jpg

ぶらぶらと約十五分ほどで、右前方に鎮守の森らしきものが見えてきました。

相生6.jpg

鳥居をくぐって境内へ。

相生9.jpg

地元の氏神様「池之内荒神社」。

相生10.jpg

主祭神は、素戔嗚尊。

相生11.jpg

拝殿。

相生12.jpg

本殿。

相生13.jpg

境内には、改築前の鬼瓦でしょうか。

相生16.jpg

拝殿の壁面には、明治、大正期の絵馬が飾られていました。

相生15.jpg

どの神社の絵馬も、常に屋外に飾られているのに、誰も傷つけることなく、何十年、何百年と守られていることに日本文化の奥深さを感じますね。

相生18.jpg

狛犬には、明治十八年の銘がありました。

相生19.jpg

社殿の屋根には、デザイン性の高い鬼瓦。

相生21.jpg

高い樹木に囲まれた社殿。何とも言えない雰囲気ありますね~。

相生23.jpg

さて、池之内荒神社を辞して、再び新幹線高架下を東へ向かいます。

相生24.jpg

前方の山裾に、今回の目的の神社があるはずです。

相生26.jpg

民家の間を右へ曲がると、石垣、玉垣が見えてきました。

相生28.jpg

鳥居をくぐり、階段を登って境内へ。

相生31.jpg

神戸若宮神社。ご祭神は、大己貴大神(おおなむちのみこと) 小名彦大神すくなひこのみこと)。

相生32.jpg

昭和三十八年、地元氏子の方々により、神戸神社(たつの市)からご祭神を勧請して創建されたものと思われます。

相生36.jpg

拝殿。

相生49.jpg

本殿。

相生48.jpg

本殿裏には、土塀跡が残っていました。

相生37.jpg

相生50.jpg

社殿右側には、稲荷社があります。

相生38.jpg

社殿左側には、子守荒神。

相生40.jpg

社伝によれば、天文三年(1534年)この地に大日如来が留まり、女人安産を守るので、掘り出して祈れとのお告げがあったそうです。

相生44.jpg

掘ってみると二尺余りの石像が現れ、再び平畠に社を建ててくれとのお告げがあり、この地に社を建てて奉安したのが、子守荒神の始まりとのことです。

相生43.jpg

延宝元年(1673年)地頭京極行部殿の妻の難産を安産せしことから、荒神山を寄付され、社殿を当山に再建。

相生51.jpg

荒神山中腹からの眺めです。

相生54.jpg

相生55.jpg

帰路は、旧街道を歩いてみました。

相生56.jpg

新幹線高架下を抜けて、河川沿いの堤防を歩き、二号線から相生駅へと戻りました。

 

アクセス:JR赤穂線「相生駅」下車

コラム一覧へ戻る

ジルジレット生活コラム

お電話でのご注文・お問い合わせ


0120-976-640 受付時間9:00~18::00 定休日 土日祝

お問い合わせフォームはこちら

  • よくあるご質問
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報保護方針

ジルジレット生活コラム「播磨の国ぶらり」